私的ヒーロー

あなたしか見てないのよ。

さんじゅうっ!さんさいっ!!

 

今日は何日〜〜???

\5月1日〜〜!!!!!!!/

9をちょいちょいっとやると1になるので今日は1日です(真剣)

 

 

小山慶一郎さん33歳のお誕生日おめでとうございます!!!!!めでたい!!!!(大遅刻)

 

 

ありがたいことにご縁に恵まれ静岡3公演入ることができまして。お誕生日もお祝いできまして。(恐らく)HAPPY BIRTHDAYうちわも見てもらえまして。最高!!!!幸せ!!!!こやまくん33歳!!!!ゾロ目!!!!(?)

 

 

 

お誕生日おめでとうブログ(大遅刻)だし、こやまくんの好きなところつらつら並べたいな〜と!思います!!演出、セトリのネタバレはないですが静岡のお誕生日サプライズやMC、挨拶の話がいきなり出てきます!あととってもポエミー!

 

 

 

 

こやまくんの好きなところを考えて、一番最初に出てきたところは心の距離が近いところでした。アイドルを応援するって、きっと一方通行なことが多い。でも、こやまくんは「応援してるよ、だから応援してね」「みんながいるから僕たちもひとりじゃない」って言う。ファンのことを彼女って言う手越くんはもちろん、まっすーもNEWSとファンは「愛し合ってる関係」だと思ってて、静岡ラストでは「大好きなみんな」って言ってくれた。しげちゃんは言葉にすることこそ少ないけれど、「みんながいるから」って言ってくれる。手越くんが最後の挨拶で「NEWSはみんなが思ってる以上にみんなのこと大好き」って言ってくれて、ほんとにそのとおりだなあと思いました。

わたしの好きは一方通行じゃないし、壁に跳ね返されたりもしない。てごしくんの「天気予報雨だったの?」って質問に反応がなかったとき(静岡県民シャイでごめんやで)、「NEWSのMCはみんなで作ってるからね」と言ってたことがすごく印象的で。こやまくんの言う「みんな」には、メンバーだけじゃなくてファンも含まれてるんだって。コンサートだったりJwebの連載だったり、いろんなところでみんなが大好きだよ、大切だよって伝えてくれる。それって最高に幸せなことだ。

 

 

 

真面目なところも大好き。こやまくんってパリピだし、社交性のおばけだからノリも軽くてチャラいけど、やっぱり真面目だなあと思います。誰に見られてるかわからないから道路は横切らない、とか。たとえばわたしは近くのバス停から家に帰るには道路を渡らなくてはいけないのだけど、家の前には横断歩道がない。だから帰るためには少し遠回りをしなくちゃいけなくて、それが面倒なわたしは横断歩道のない場所を渡ってしまう。他にも、車通りの少ない信号のある横断歩道では、地元の人は信号無視が当たり前になっていて、わたしも車がいなければ信号なんてないものとして渡ってしまう。でもきっとこやまくんはそんなことしない。いつどこで誰に見られてるかわからないから。少し遠回りになっても横断歩道を渡るし、車がいなくても信号が青になるまで待つんだろうな。好きだなあ。

ラジオでやまぴーが「キャスターやるからって言って政治の勉強してた」って言ってるのを聞いて、さらに好きが増しました。仕事だからって言ってしまえばそれまでだけど、そんな風に努力できるこやまくんが好き。大統領選の説明も政治のことをなにも知らないわたしでもすんなり理解できた。選挙人の説明とかすごくわかりやすかった。それはきっとこやまくんの努力のおかげだ。伝える、ということにこだわって努力しているから大統領選のメインキャスターという大役を任され、成し遂げたのだと思う。最高にかっこいい。

 

 

アイドルもキャスターもどちらも大切にしているところも好き。この前のチカラウタで、キャスターもやってるっていうのはどういう感じなの?という話になり、「アイドルしてるときは自分の居場所ここなんだって思う」「だからキャスターもやれる」と言って、羽鳥さんに「小山くんはアイドルなの?」と訊かれたら、「です」と答えていた。そのときの表情が、「え、当たり前ですよ……?」と言ってるように見えたんです。これは主観なのでこんな風に思ったやつもいるんだな程度に流してもらいたいのですが(笑)それを見て、聞けたことが本当にすごくすごく嬉しくかった。(叶うなら番協入りたかった)

こやまくんは「アイドルとキャスターどっちが本業なの?」と言われがちで、アイドルですと即答しないことに不安になってしまうことがありました。でも、これも勝手な想像だけれど、こやまくんにとってはどっちも大切だから即答しないのだと思う。なにもなかったこやまくんの武器になったお仕事。だからキャスターは副業ですとは言わない。だってキャスターも全力だから。でもこやまくんの居場所はステージの上なんだ、そう思ってくれてるんだってわかったら泣いてしまった。好きだ。大好きだ。キャスターのこやまくんもアイドルのこやまくんも大好きです。

だってわたしはキャスターのこやまくんを見て救われてたんだ。優しそう、穏やかそうって思って、毎日15:50から1時間だけは泣きたい気持ちを忘れられたんだよ。

 

 

NEWSとメンバーが大好きなところも大好き。3人と一緒にいるときのでれでれな顔を見るとこっちまででれでれしてしまう。幸せ、大好きって気持ちが言葉にしなくても伝わってくる。きりっとしたしっかり者の好青年小山慶一郎が、へにゃへにゃの天然けーちゃんになってると特に感じます。お誕生日ケーキのロウソクを先に消されちゃったのに、着け直したら「4人で消そ!」って言うぐらい、にゅーすが大好きで、3人が大好きで。消された〜( ; ; )ってめそめそしてたのに、いざひとりで消せるよってなったときにみんなでって言う。ほんとにメンバーが大好きなんだなあって嬉しくなりました。自分たちが大好きなひとのことを大好きでいられるって幸せだなあ。その後の「ありがとね」がすごくすごく嬉しそうで、幸せそうで、わたしも嬉しくて幸せだった。こんな形で幸せになれるなんて、一年前は知らなかったよ。

他にも、アマゾンに行ったとき、疲労のピークに起こされたのにメンバーからのメッセージビデオを見たらすごく幸せそうな顔になったことや、おしゃれイズムで「怒るって感情がわかなくて……あ、メンバーに対しては」って言ってたこやまくんがこやまくんだなあ、と思います。あとそれを当然のように聞いてた3人も好き。やなことされても、好きが上回るんだろうなあ。メンバーが大好きで、メンバーもこやまくんが大好きな世界 is peaceful…

それに、24時間テレビのメインキャスターを務めることに関して話すとき、必ず「NEWSを代表して」「NEWSを知ってもらえるように」と、NEWSの名前を出します。「24時間テレビもあるけど、NEWSの15周年も!」と、個人の大役よりグループの記念日に重きを置いている。ほんとうにNEWSが大好きなんだな、大好きなひとが大好きなものを大好きでいられる世界最高かよ。

 

 

こやまくんのスタイルも大好きです。あの長い脚!!!!!えっ腰がそこにあるの!?!?ってなる。初めて汐留でこやまくんを見たとき、脚の長さにびっくりしました。な、長すぎじゃない……?あんなに長くて大丈夫……?歩ける……?(歩ける)背が高いから丈が長いものが似合うってわかってて、スタイルがいい人しか着こなせない服をさらっと着こなすこやまくんに feel in love. そもそもわたしは脚が細いひとが好きだ。だからこやまくんを好きになるのは宿命だった(真剣)お尻が隠れるぐらいの丈(オシャレ用語わからない)のトップスから伸びる細身のパンツに包まれた長い脚がたまらん。他にもほどよく割れた腹筋、筋肉がありありとわかる二の腕、たまらん。あのスタイルを生かしまくる衣装を着たこやまくんをたくさん見せてくれたイチゲンさんにはハム1000キロ送りたかった。

 

 

こやまくんの言葉も大好き。メン愛で毎週言ってくれてた「一緒に頑張ろうね」や、コンサート挨拶の「手を繋いで一緒に歩いていきましょう」「やなこと忘れろよー!」「明日から頑張れよー!」が大好き。ひとに寄り添えて、先頭を走るだけがリーダーじゃないって言うこやまくんだからこその言葉だなと思います。こやまくんの言葉って優しい。とにかく優しい。あんなに他人に優しく寄り添うことができるひとってなかなかいない。NEWSな2人で「1000円給料が違うことがあった」と言った高校生に「1000円は大きいよね」と返したこやまくんを見て、やっぱりこの人が好きだと思った。わたしは「1000円……?たったそれだけ……?」と思ってしまったのだけれど(そこそこブラックなバイトしてるせいで感覚狂ってきてる)、こやまくんはそんなこと言わない。6桁の服を買えて、平均より遥かに高い収入を得てるんだから、きっと1000円なんてはした金なのに。たしかに高校生にとって1000円は大金だ。(貧乏な大学生(私)にとっても大金だけど)

親に暴力を振るわれていた、父親を許すことができない、と言ったひとに「自分もそうだった」「でもいつか話せる日がくる」と言ったこやまくんはすごくすごく優しくて強い顔をしていた。そこにこやまくんの優しさの理由を垣間見た気がした。そういう悲しいことって、隠そうと思えばいくらでも隠せる。話さない、という選択肢もある。現に手越くんは悲しいことは見せる必要はないと思ってる、と言っていて、ファンの前ではいつも笑っている。でもこやまくんは話す。目の前の、そのひとに寄り添うために。好きだ。話してるひとの立場になって、共感できて優しい言葉をかけられるこやまくんがたまらなく好きだ。

こやまくんは、にゅーすに興味のない子が「あの優しそうなひとでしょ?」って言うくらい優しく見えていて、それを聞いたわたしはすごく嬉しかった。そうなの!こやまくんって優しいんだよ!って大声で叫びたいぐらい。

何度でも言いたいのだけど、わたしはこやまくんに救われた。「やなこと忘れろよー!」と「一緒に頑張ろうね」でつらくてつらくてしかたなかった日々を乗り越えられた。こやまくんのおかげで、今こうして幸せに生きられてるんだよ。

 

でも優しくないこやまくんも好きです(手のひらクルー)メンバーや心を開いてるひとにだけ言う「うるせぇな」とか大好き。このひとの前では「小山慶一郎」にならなくていいんだ、素の小山慶一郎でいられるんだって思います。そんな場所がたくさんあるといいなあ。

 

 

 

どうかこやまくんの周りが優しさであふれますように。柔らかい世界にいられますように。たくさんお仕事がきますように。でも体調は崩しませんように。健康でいられますように。こやまくんが幸せでありますように。こやまくんが幸せでいてくれたらわたしも幸せです。でも欲張りなので、たまには幸せを教えてほしいな。こやまくんに大好きと言ってもらえる世界に生まれてよかった。こやまくんがNEWSでいてくれてよかった。体調には気を付けてね。33歳のお誕生日おめでとう、幸せと優しさに満ちた一年になりますように。そんな一年が一生続きますように。

 

 

 

(どうでもいいけど4000字超えてびっくりした。まだまだ書けるよ)